櫻井教授がUmassの高分子学科の記念講演に招待されました

櫻井教授がアメリカ高分子研究の拠点のひとつ、Umassの高分子学科の創立50周年記念の記念講演(2015.8.15-16)に招待されました

ACS PSE50 Symposium

 

NHK福岡に取り上げられました

櫻井教授が所属する研究グループの成果がNHK福岡に取り上げられました

動画リンク: ワクチンの効果高める新物質(2014/2/11)

SRNAHC

Synchrotron Radiation in Nano-medicine and Advanced Health Care

櫻井和朗教授がDaiwa Adrian Prize 2013を受賞されました

“Chemonostics: Using chemical receptors in the development of simple diagnostic devices for age related diseases”

に対してDaiwa Adrian Prize 2013が授与されることが決定いたしました。

この賞は、1992年に創設され、基礎科学、応用科学の分野で、優れた日英共同研究プロジェクトに対して3年毎に授与されます。研究プロジェクトの科学分野における重要性、これまでの研究経緯はもとより、日英科学交流への長きにわたる貢献を顕彰するものです。

日本側
新海征治:九州先端科学技術研究所、九州大学、崇城大学
久保由治:首都大学東京
櫻井和朗:北九州市立大学

 

イギリス側
Tony D. James:University of Bath
Steven D. Bull: University of Bath
John S. Fossey: University of Birmingham

 

以下のホームページ(英語)でも紹介されておりますのでご覧ください。
Daiwa Adrian Prizes for Scientific Collaboration

NNBS

(NNBS2013) New Trends of Nano- or Bio-materials Design in Supramolecular Chemistry

ホームページリンク

遺伝子・デリバリー研究会第12回夏季セミナー

遺伝子・デリバリー研究会の夏季セミナーの世話役をします。

皆様、どしどし、参加してください。

 

夏季セミナーのポスターやホームページはこちらから。

http://gene-delivery2012summer.cloud-line.com/

高分子学会誌(三菱化学賞受賞)

高分子学会誌(三菱化学受賞)

MRS-News

MRS-News

ポスドク募集

科学技術振興機構 戦略的創造研究推進事業(CREST)
研究領域「ナノ界面技術の基盤構築」 分野、櫻井チームの研究員募集

研究内容:
次世代のDDS(薬物運搬システム)の構造と薬理効果の相関を、
DDS粒子のナノ界面から解き明かそうとするプロジェクトです。
放射光施設を用いて、X線小角散乱やX線光子相関法、
将来はX線回折顕微鏡にも挑戦していく予定です。小角散乱の経験があることが
望ましいですが、高分子物理、理論物理、高分子物性、光学、
応用物理のいずれかの分野の研究経験がある方を募集いたします。

着任時期:
2009年4月(相談可)

採用期間:
1年契約(最長5年)

身分:
助教、特任助教、特任講師、特任准教授

勤務地:
公立大学法人北九州市立大学 国際環境工学部 環境生命工学科 櫻井研究室
〒808-0135 福岡県北九州市若松区ひびきの1番1号
国立大学法人東京大学大学院 新領域創成科学研究科 雨宮研究室
〒277-8561 千葉県柏市柏の葉5-1-5基盤棟601

提出書類:
①履歴書、②業績リスト、③代表的な論文2報、④紹介できる方の氏名と連絡先

公募締め切り:
随時採用、適任者があり次第、締め切ります。

提出先:
北九州市立大学 国際環境工学部 環境生命工学科 櫻井研究室 国武宛
〒808-0135 北九州市若松区ひびきの1番1号

連絡先:
国武(r-kunitake@env.kitakyu-u.ac.jp)

研究領域URL:
(http://www.nanoif.jst.go.jp/)

 

 

第46回化学関連支部合同九州大会でポスター賞を3名受賞しました。

第46回科学関連支部合同九州大会でポスター賞を受賞しました。

授賞式の写真(左:櫻井先生、右:橋田)


受賞者
物理化学部門 橋田智史(M2) カチオン性脂質/DNA複合体の構造解析
高分子部門   上川由美(M1) カチオン性脂質を用いた遺伝子導入剤の構造と遺伝子導入効率の関係
繊維部門     松崎翼 (M1)  多糖・核酸複合体のGPC/MALSによる溶液物性

 

 

Chirality and Supramolecular Chemical Synthesisでポスター賞を受賞しました。

Chirality and Supramolecular Chemical Synthesisでポスター賞を受賞しました。

授賞式の写真(右:三成)